白内障手術の最先端器機・ベリオンについて|白内障手術(多焦点眼内レンズのレーザー白内障手術)大宮七里眼科(さいたま市)

文字サイズ
標準
拡大
問い合わせ
メールでのお問い合わせ
TEL:048-686-7000
診療時間
平日  8:30 ~ 12:00
14:00 ~ 17:00
土曜 8:30 ~ 11:30
休診日
木曜 土曜午後 日曜祝日

手術・治療について

白内障手術の最先端器機・ベリオンについて

白内障手術をより正確に行う最先端器機・ベリオン

大宮七里眼科はレーザー白内障手術をより正確に行う最先端器機・ベリオンを導入しています。

01

白内障手術では眼内レンズを目の中に固定しますが、眼内レンズの位置は、手術後の見え方に重要であり、とくに多焦点眼内レンズではわずかな位置のずれが見え方の低下につながります。いままでは眼科医の目による目測で位置を判断し位置を決めていました。しかし、大宮七里眼科の白内障手術の最先端器機・ベリオンでは「ベリオン・イメージガイドシステム」によって眼科医が手術中に見ている顕微鏡に、眼内レンズを固定するべき中心の位置や乱視の角度を表示します。

ベリオンで水晶体前嚢切開の位置、半径を表示し、術者はそれを見ながら水晶体前嚢切開を行うことができます。

また、ベリオンは白内障手術前に患者さんの目を高解像度のデジタル画像を1000枚以上も撮影し、その目に固有の強膜血管、輪部と虹彩の位置や特徴を捉え認証を行います。そして、手術中の眼科医の見ている顕微鏡に、ベリオンによってデジタルで解析した目の軸や位置などの画像を患者さんの目に合わせてオーバーレイで表示することもできます。しかも、ベリオンによるガイドは、最先端のデジタル技術により、患者さんの目が動いたり眼科医が顕微鏡の倍率を変えると、それに合わせて自動的に変わります。このベリオンの画期的な機能のメリットは、眼内レンズの固定の位置や乱視の軸だけでなく、手術で作る角膜の切開創の位置、水晶体前嚢切開の位置や半径まで、より正確に行うことができることです。

ベリオン・イメージガイドシステムベリオン・イメージガイドシステム
大宮七里眼科での実際の手術の写真

デジタルで目の位置をマーキングするデジタルマーカー

手術前に眼球の特徴をとらえておき、それを元に手術中に正確に角度を表示することが出来る。

白内障手術で使用する乱視用の眼内レンズや多焦点眼内レンズのような、より付加価値の高い眼内レンズは、手術の前嚢切開や眼内レンズの位置固定などについて、より高い精度が要求されます。そのためベリオンは、とくに乱視用の眼内レンズや多焦点眼内レンズのような精度の高い手術が要求される場合において、とくにその真価を発揮します。

デジタルで目の位置をマーキングするデジタルマーカー大宮七里眼科での実際の手術の写真

ベリオンのデジタルマーカーでは乱視の軸を表示し、乱視矯正用の眼内レンズの軸を正確に合わせることができます。

デジタルで目の位置をマーキングするデジタルマーカー大宮七里眼科での実際の手術の写真

レーザー白内障手術器機とも連携できるベリオン・イメージガイドシステム

レーザー白内障手術器機とも連携できるベリオン・イメージガイドシステム

大宮七里眼科のレーザー白内障手術器機レンズエックス(LenSx)は、メスによる手術方法ではなく、よりはるかに正確な位置、角度、深さで角膜減張切開を行う最先端のレーザー手術機器です。ベリオンは手術前に解析した患者さんの目の固有の特徴である距離や角度のデジタル情報をレンズエックス(LenSx)に送ることができます。レンズエックス(LenSx)はレーザーで角膜、水晶体前嚢を切開しますが、ベリオンと連携することにより、短時間かつ、より正確な白内障手術を行うことが可能です。

レーザー白内障手術は世界でも最先端の医療技術ですが、大宮七里眼科の山崎院長はレンズエックス(LenSx)を用いたレーザー白内障手術での角膜減張切開を行い、その研究を行っています。2014年に東京で行われた世界眼科学会では学会発表を行っています。(Efficacy of Limbal Relaxing Incisions with Femtosecond Laser Cataract Surgery, poster presentation, The 34th World Ophthalmology Congress)