糖尿病網膜症(糖尿病網膜症とは?)|白内障手術(多焦点眼内レンズのレーザー白内障手術)大宮七里眼科(さいたま市)

文字サイズ
標準
拡大
問い合わせ
メールでのお問い合わせ
TEL:048-686-7000
診療時間
平日  8:30 ~ 12:00
14:00 ~ 17:00
土曜 8:30 ~ 11:30
休診日
木曜 土曜午後 日曜祝日

手術・治療について

糖尿病網膜症

大宮七里眼科では、糖尿病網膜症の治療を積極的に行っています。

糖尿病はさまざまな合併症を引き起こしますが、もっとも日常生活に支障をきたすのは目の合併症である糖尿病網膜症です。
糖尿病網膜症は日本の失明原因のなかで2番目に多い疾患です。よって内科で糖尿病と診断されたら、目の症状がなくても眼科への定期的検診を必ず受けましょう。
糖尿病網膜症は初期の段階では症状がまったくありません。視力低下やかすみなどの症状が起こってきたときにはすでにかなり進行している場合があります。したがって糖尿病網膜症では症状が進んでから眼科での診察を受けはじめても、治療が手遅れになる可能性があります。しかし自覚症状がない段階で早期に治療を受ければ、一生視力低下などを起こさないですむ可能性も大いにあります。
大宮七里眼科では糖尿病網膜症に対して網膜の断面図をとる光干渉断層計(OCT)や自発蛍光による眼底精密検査などを行い糖尿病網膜症を早期発見することができます。
大宮七里眼科では糖尿病網膜症を起こっている症例に対してレーザー治療(網膜光凝固)による治療や、ルセンティスやアイリーアといった最新の薬剤を目に注射する抗血管新生薬療法を積極的に行っています。

日本国内で糖尿病の可能性がある方は740万人と言われています。糖尿病の患者はだれでも糖尿病網膜症になる可能性があります。糖尿病網膜症を早期発見をし、進行を食い止めるためにも、糖尿病の患者にとって眼科での定期的な検査は必須です。糖尿病網膜症は早期に発見して治療を行えば進行をかなりおさえることができますが、逆に発見が遅れて治療が後手に回ると進行をとめて視力を改善させることがたいへん難しくなります。そのためまだまだ糖尿病網膜症で視覚障害者になる人は多く、年間3,000人にのぼると言われています。

ただし糖尿病網膜症になったらからといって、すぐに失明するわけではありません。糖尿病網膜症は、網膜の状態などから進行の段階がいくつかに分けられます。初期の段階では自覚症状がまったくありません。しかしこの段階で治療を行わないと、進行した糖尿病網膜症では網膜が重篤な状態となり視力が低下して最悪の場合には失明に至ります。このため、内科や健康診断で糖尿病あるいは糖尿病の疑いがあるといわれたら、すぐに眼科で定期的な検査をうける必要があります。

大宮七里眼科では糖尿病網膜症の精密な検査を行い、積極的な治療を行っています。大宮七里眼科では最新の光干渉断層計(OCT)を備え、糖尿病網膜症による網膜の異常を早期に発見することができます。また自発蛍光という特殊なフィルターを完備した最新の眼底カメラで撮影した網膜の画像を眼科専門医が精査し、糖尿病網膜症を認める場合には即座に治療の方針を立てることができます。内科や健康診断で糖尿病あるいは糖尿病の疑いがあるといわれた方は大宮七里眼科にて検査ができますのでぜひご相談ください。

糖尿病網膜症とは

 糖尿病によって糖尿病網膜症が進行していく過程については、現在ではそのメカニズムがかなり解明されています。それに伴い、糖尿病網膜症に対して効果的な治療方法がいくつか確立しています。そのひとつが糖尿病網膜症レーザー治療(網膜光凝固)であり、新しい治療方法であるルセンティスやアイリーアといった薬剤を直接目に注射する抗血管新生薬療法です。大宮七里眼科では糖尿病網膜症レーザー治療(網膜光凝固)もルセンティスやアイリーアによる抗血管新生薬療法も多数行った実績があります。

 糖尿病が網膜症を引き起こす原因は、高い血糖によって引き起こされる網膜の血管障害です。血糖値が高いと身体中を巡っている血液の粘着性が強くなり、血糖値が正常な状態に比べて血管がダメージを受けやすくなります。特に細い血管ほどその影響を受けやすくなります。血糖値が高い状態が続くと、やがて血管が損傷を受けたり、血流が滞ってしまう部分が発生します。このような過程によって糖尿病網膜症が進行していきます。
 視覚情報を脳に伝える役目のある眼球内、とくに網膜には微細な血管が無数に張り巡らされており、網膜の毛細血管は糖尿病による高血糖の状態によってダメージを受けやすい組織です。これが糖尿病が3大合併症のひとつである糖尿病網膜症を引き起こす理由です。

糖尿病の方は食事療法・運動療法・薬物療法などの内科的治療によって血糖値のコントロールが必要です。内科的治療によって血糖のコントロールがうまくいっていれば糖尿病網膜症のリスクを減らすことができます。しかし血糖コントロールが長年にわたって不良な場合には糖尿病網膜症を引き起こす場合があります。いったん糖尿病網膜症が起こった網膜を元の状態に戻すのは困難であることが多く、糖尿病と診断された方は眼科を必ず受診する必要があります。

また、糖尿病網膜症は早期発見、早期治療が不可欠です。糖尿病網膜症が軽症の段階から治療を行えばかなり予後は良好となります。しかし軽症の糖尿病網膜症は症状がまったくありません。したがって見え方のかすみ(視力低下)、砂のようなものが見える(飛蚊症)、まぶしいなどの症状が現れる進行した段階になると、すでに糖尿病網膜症は初期の段階ではなく中等度重症から最重症となっている恐れがあります。(軽症、中等度重症、最重症の糖尿病網膜症の分類については下でご説明します。)糖尿病網膜症が中期から重症となってから治療を開始しても完全に症状が改善しない場合があります。よって糖尿病と診断された方は、目の症状他がなくても、すぐに眼科を受診する必要があります。

糖尿病網膜症の進行

糖尿病の発症時期やタイプはさまざまです。しかし糖尿病あるいは糖尿病予備軍であれば、だれでも糖尿病網膜症となる可能性があります。糖尿病網膜症の進行の仕方は人によってまちまちですが、大きく分けて以下の3つの段階を経て進行していきます。糖尿病網膜症は重症化するまで自覚症状がないことが多いのが特徴です。糖尿病は目以外のはっきりした全身症状もない場合が多く、糖尿病の発見が遅れることもあります。大宮七里眼科に目が見にくくなって受診された方が、大宮七里眼科での精密な眼底検査によって糖尿病網膜症と診断され、大宮七里眼科の医師から内科受診をご紹介することもまれではありません。大宮七里眼科では眼科疾患だけでなく、それに伴う全身疾患も責任を持って管理していきます。

糖尿病網膜症は軽症のうちは自覚症状がまったくないことが多く、重症化してからかすみ、ゆがみ、まぶしさなどの自覚症状が現れることがめずらしくありません。糖尿病網膜症が中等度重症段階や最重症段階まで進んでしまうと血糖値のコントロールが良好となっても糖尿病網膜症が進行していく場合があります。血糖コントロールが不良な場合は糖尿病網膜症の重症化の進行がたいへん早い場合もあります。糖尿病網膜症から目を守るたいめに、内科や健康診断で糖尿病、あるいは糖尿病予備軍、糖尿病網膜症疑いといわれたら、なるべく早く眼科を受診して目の検査を行う必要があります。

糖尿病網膜症の進行

糖尿病網膜症の進行を予防するには血糖値のコントロールがもっとも重要な課題です。しかし血糖コントロールが良好であっても、糖尿病網膜症となる確率がゼロではありません。糖尿病の病歴が長くなると糖尿病網膜症がおこる可能性が高くなっていきます。糖尿病と診断されたら、血糖値のコントロールが良好であっても眼科を受診しましょう。

新生血管とは

糖尿病網膜症が重症化して網膜に酸素が不足すると、生体反応によって網膜に新しい血管ができることがあります。これを網膜新生血管といいます。網膜新生血管ができると、視力の予後にかなりの悪影響を及ぼします。新生血管は通常の血管よりも弱くてもろいため、簡単に破れやすく網膜の前にある硝子体にまで重症の出血が及ぶことがあるためです。
 従来、重症な糖尿病網膜症に対しては有効な治療法はありませんでした。しかし現在では抗血管新生療法という新生血管を抑えるために有効な専用薬剤の注射など、重症の糖尿病網膜症に対しても有効な治療方法あります。大宮七里眼科では糖尿病網膜症などに対する抗血管新生療法に力を入れており、糖尿病網膜症や加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞、黄斑浮腫などの症例への治療を多数行っています。詳しくは「ルセンティス注射とは」のページをご覧ください。