3焦点眼内レンズ(トリフォーカル眼内レンズ)・パンオプティクス|白内障手術(多焦点眼内レンズのレーザー白内障手術)大宮七里眼科(さいたま市)

文字サイズ
標準
拡大
問い合わせ
メールでのお問い合わせ
TEL:048-686-7000
診療時間
平日  8:30 ~ 12:00
14:00 ~ 17:00
土曜 8:30 ~ 11:30
休診日
木曜 土曜午後 日曜祝日

手術・治療について

国内初承認の3焦点眼内レンズ(トリフォーカル眼内レンズ)・パンオプティクス

3焦点眼内レンズ(トリフォーカル眼内レンズ)・パンオプティクス

国内初承認の3焦点眼内レンズ(トリフォーカル眼内レンズ)・パンオプティクス

多焦点眼内レンズは日本では厚生労働省の認可を受けた2007年ごろから使われ始めました。そのころの多焦点眼内レンズは手元と遠くの2つの距離だけに焦点があっている、2焦点眼内レンズでした。多くの患者さんはメガネが不要となり、たいへん高いご満足をされることがほとんどでした。

2焦点の多焦点眼内レンズの場合の手元の焦点は33-40cmくらいに合っています。それでは2焦点の眼内レンズではどのように中間距離をみているのかというと、中間距離は手元と遠くの光を合わせてみると言われています。実際に2焦点の多焦点眼内レンズと保険適応である単焦点眼内レンズの中間視力を比べると、2焦点レンズのほうが中間視力も良好です。とはいえ、焦点がしっかりを中間距離にあっているわけではなく、遠くの視力や手元の視力に比べて中間距離はやや低い傾向にありました。

しかし現在では手元と遠くだけでなく、中間距離にも焦点の合っている3焦点眼内レンズ(トリフォーカル眼内レンズ)が開発されました。それがパンオプティクスという多焦点眼内レンズです。パンオプティクスは手元は約40cm、中間距離は約60cmに焦点が合っています。それにより、いままでの2焦点の多焦点眼内レンズに比べて日常生活での見え方がさらに改善しました。2焦点レンズから3焦点となって最も改善した点はコンピューターを見る距離です。

近年は若い人だけでなく、高齢者の方もコンピューターを使ってインターネットで情報を得ている人はめずらしくありません。10年前には70才でインターネットを日常的に見ているひとはめずらしかったと思いますが、いまはめずらしくないのです。3焦点眼内レンズ(トリフォーカル眼内レンズ)はそういったニーズに応えるために開発されました。

パンオプティクスによる快適な中間距離から近方距離の視機能

快適な中間距離とは、コンピュータ作業やスマートフォンの使用、料理、メニューを読む、ゲームで遊ぶなどリラックスした腕の長さ(約60cm)で行う作業のことを指します。パンオプティクスは40–80cmの連続した焦点距離が、これらの作業を行う上で快適な状態を得意とし、術後に希望するライフスタイルの実現をサポートします。

レーザー白内障1_3

パンオプティクスで白内障手術と同時に老視と乱視を治療

そして3焦点眼内レンズ(トリフォーカル眼内レンズ)であるパンオプティクスのもうひとつの大きな特徴が、乱視用のレンズもあるということです。以前は乱視のある患者さんの場合には、多焦点眼内レンズの手術を行った後に乱視を治すためのレーシックを行っていました。その場合には2回の手術になるうえに、手術費用も多焦点眼内レンズの手術だけの場合よりも高くなっていました。しかしパンオプティクスの場合には乱視用があるので白内障手術だけで乱視も治すことができます。したがって1回の手術で済むうえに手術費用も2回の手術をするよりも安くすみようになりました。

レーザー白内障1_3

パンオプティクスは瞳孔径への依存を軽減

パンプティクスは術後の新しい見え方に自然に適応するために、さまざまな光の条件下での見え方を最適化します。これは瞳孔径への依存を低減した4.5mmの回折領域により実現しました。パンオプティクスは利用可能なすべての光の半分を遠方に配分し、残り半分の光を近方と中間に等しく配分します。

パンオプティクス