その他の症状(その他の症状とは?)|白内障手術(多焦点眼内レンズのレーザー白内障手術)大宮七里眼科(さいたま市)

文字サイズ
標準
拡大
問い合わせ
メールでのお問い合わせ
TEL:048-686-7000
診療時間
平日  8:30 ~ 12:00
14:00 ~ 17:00
土曜 8:30 ~ 11:30
休診日
木曜 土曜午後 日曜祝日

手術・治療について

その他の症状

多くの気をつけなければいけない症状があります。

大切な眼を守るために、少しでも気になる症状がありましたら、大宮七里眼科にご相談ください。

(その他、気をつけなければならない症状)
・飛蚊症
・角膜感染症
・糖尿病から眼を守る

飛蚊症

・飛蚊症とは?
明るいところや白い壁、青空などを見つめたとき、目の前に虫や糸くずなどの「浮遊物」が飛んでいるように見えることがあります。視線を動かしてもなお一緒に移動してくるように感じられ、まばたきをしても目をこすっても消えませんが、暗いところでは気にならなくなります。このような症状を医学的に飛蚊症と呼んでいます。

・浮遊物の正体は?
眼球の中の大部分は、硝子体と呼ばれるゼリー状の透明な物質がつまっています。角膜と水晶体を通して外から入ってきた光は、この硝子体を通過して網膜まで達します。ところが硝子体に何らかの原因で濁りが生じると、明るいところを見たときにその濁りの影が網膜に映ります。その濁りが眼球の動きとともに揺れ動き、あたかも虫や糸くずなどの「浮遊物」が飛んでいるように見えるのです。この症状が飛蚊症です。この濁りには、生理的な原因によるものと病的な原因によるものがあります。

・飛蚊症が現れるおもな病気は?
高齢者の飛蚊症はほとんどの場合、老化現象です。年齢を重ねると、硝子体はゼリー状から液状に変化し、硝子体は次第に収縮して網膜から剥がれます。このような変化が飛蚊症の症状をもたらすため、眼科の検査においても、このタイプと診断された方は治療の必要はありません。また若い方でも、強度の近視の場合、飛蚊症の症状がみられるケースがありますが、同じく生理的な原因によるものですので、治療の必要はありません。

逆に飛蚊症の症状がみられ、なおかつ急激な変化がある場合は、眼の病気を知らせるサインです。飛蚊症を初期症状とする病気は、いずれも早期治療が重要です。見える「浮遊物」の数が増えたり、形が変わったり、視力が落ちるようであれば、すぐにご相談ください。

(考えられる眼の病気)
・網膜裂孔・網膜剥離
・硝子体出欠
・ぶどう膜炎

角膜感染症

・角膜感染症とは?
角膜とはいわゆる「黒目」にあたる部分です。角膜感染症とは、この角膜に細菌やカビなどが感染して、炎症をおこす病気のことです。角膜感染症は、目の痛み、目のゴロゴロ感、白目が赤くなる、涙がポロポロ出る、まぶたのピクつきや腫れなど、さまざまな症状を引き起こします。角膜が白く濁って視力が低下することもまれにあります。

・角膜感染症が起こる原因は?
角膜感染症とは、細菌やカビ、ウイルスなどの病原体が角膜に感染し、炎症を起こしている状態のことをいいます。角膜の表面は比較的丈夫な構造をしており、さらに涙によって守られています。したがって、ばい菌に触れただけで角膜感染症になることは通常ありません。しかし角膜に傷がついた場合などには、ばい菌が角膜の中に入り込んでしまい、角膜感染症を引き起こします。

(角膜感染症が起こる原因)
・ゴミ・砂・植物の枝葉などにより角膜が傷つく
・コンタクトレンズ装用による角膜表面のキズ
・ドライアイ
・ステロイド剤の長期点眼
など

・角膜感染症の種類と症状

その他01

糖尿病から眼を守る

・糖尿病と眼の関係性とは?
日本国内で糖尿病の可能性がある方は740万人と言われています。この糖尿病の合併症のひとつに「網膜症」があります。網膜症は3大合併症のひとつで、糖尿病の方によく見られる病気です。

眼の一番奥、眼底には網膜という神経の膜があり、多くの毛細血管があります。糖尿病の方の血液は糖が多く血液の流れが悪いので、網膜の毛細血管が弱り、小さな出血がおこります。症状が悪化すると、硝子体で大出血がおこり、失明に至る場合もあります。

その他02

・糖尿病網膜症について
糖尿病網膜症で視覚障害者になる人は年間3,000人にのぼると言われています。
糖尿病網膜症の治療には以下のような手法があります。

・血糖コントロール
単純網膜症では、血糖コントロールによって、眼底出血が改善することがあります。また、他の治療の効果を十分なものにするためにも、血糖コントロールが不可欠です。

・レーザー光凝固術
レーザー光凝固術は、網膜にレーザーを照射して、新生血管の発生を防ぐ手術です。出血や白斑も治療できます。この手術で視力は回復できませんが、網膜症の進行を阻止することができます。
 
(レーザー光凝固術の特徴)
 ・入院無しで手術を受けることが可能です。
 ・手術は点眼麻酔後、15~30分程度で終了します。
 ・進行の段階によって、数回に分けて手術する場合があります。

・硝子体手術
新生血管が破れ、硝子体に出血を起こす硝子体出血や、網膜が眼底から剥がれる網膜剥離が起きた場合には、硝子体手術が必要となります。