レーシック(最先端技術について)|白内障手術(多焦点眼内レンズのレーザー白内障手術)大宮七里眼科(さいたま市)

文字サイズ
標準
拡大
問い合わせ
メールでのお問い合わせ
TEL:048-686-7000
診療時間
平日  8:30 ~ 12:00
14:00 ~ 17:00
土曜 8:30 ~ 11:30
休診日
木曜 土曜午後 日曜祝日

手術・治療について

レーシック

レーシックとは?

レーシックとは“レーザーを角膜に照射し、修正する”という意味の
【Laser in Situ Keratmileusis】の頭文字を取った略語になります。

つまり、角膜にレーザーを照射し視力を回復する手術です。

近年、芸能人やスポーツ選手などの有名人が利用するケースも多く、視力回復の手法として広く知られています。

レーシック_1-1

手術時間も短く効果も高いということから、世界中で毎年数百万人の方が手術を受けているといわれています。日本でも2000年に厚生労働省から認可がおりて以来、急速に普及しています。

レーシックのメリット

レーシックの最大のメリットは裸眼のままで、ものがよく見えるようになるということでしょう。
これまでコンタクトレンズや眼鏡などを利用していた方にとっては、普段の生活の煩わしさから解放されます。

また、手術についても点眼麻酔を行うため、手術中の痛みをほとんど伴わないことや、手術時間も数十分で終わるので入院の必要もないというメリットもあります。

角膜屈折矯正手術の種類

角膜屈折矯正治療には、さまざまな手術の種類があります。
眼科医と相談した上で、自分の眼の特性や生活スタイルにあったものを選びましょう。

レーシック1-2