結膜下出血(手術の流れ)|白内障手術(多焦点眼内レンズのレーザー白内障手術)大宮七里眼科(さいたま市)

文字サイズ
標準
拡大
問い合わせ
メールでのお問い合わせ
TEL:048-686-7000
診療時間
平日  8:30 ~ 12:00
14:00 ~ 17:00
土曜 8:30 ~ 11:30
休診日
木曜 土曜午後 日曜祝日

手術・治療について

結膜下出血

結膜下出血の治療について

結膜下出血は自然治癒することが多いので、ほとんどの場合、心配する必要はありません。
ワンポイントアドバイスとしては、

・蒸しタオルで温めると血流が良くなり、出血の吸収が促進できます。
・繰り返し出血がある方は、内科を受診して下さい。糖尿病、高血圧、血管や血液の異常などの全身疾患が無いか調べてもらいましょう。
・出血以外に、痛みなどの症状があるときは、必ず診察を受けてください。
・外部からの衝撃で眼を傷つけてしまった場合は、その時の状況を詳しく伝えてください。
・鋭利なものや金属片などで眼に傷が付いたり、ボールや転倒などで眼球の最も弱い部分が衝撃を受けたときは、すぐに治療が必要です(穿孔性眼外傷) 外傷による結膜下出血が長引く場合は、必ず精密検査をうけて下さい。
・出血の症状が止まらないときは、止血のために結膜下注射を打つこともあります。これは、点眼麻酔をした後に結膜に薬液を注射します。ほとんど痛みがありませんので、怖がらなくても大丈夫です。

STEP.1 ご来院
不安に感じることがあれば、まずはお気軽にご来院ください。
事前予約は不要です。

ご来院

STEP.2 診察
医師による診察を行わせていただきます。
おおよそ15分~30分ほどで終了致します。

診察終了後は必要に応じて点眼薬をお渡し致しますので、受け取り後、ご帰宅いただけます。

事前準備・状態の確認

STEP.3 経過観察
お渡しした点眼薬を使用して、しばらく経過を見てください。気になる点や、症状が改善されない場合は、再度診察を行います。
予約の上、再度ご来院ください。

予約はこちらから  TEL:048-686-7000

手術後