結膜下出血(結膜下出血とは?)|白内障手術(多焦点眼内レンズのレーザー白内障手術)大宮七里眼科(さいたま市)

文字サイズ
標準
拡大
問い合わせ
メールでのお問い合わせ
TEL:048-686-7000
診療時間
平日  8:30 ~ 12:00
14:00 ~ 17:00
土曜 8:30 ~ 11:30
休診日
木曜 土曜午後 日曜祝日

手術・治療について

結膜下出血

結膜下出血とは?

結膜下出血(けつまくかしゅっけつ)とは、結膜下の小さい血管が破れ出血したもので、白目部分が赤く見えることをいます。

多少、目がごろごろしますが、痛みなどはありません。 かゆみもほとんどなく、目やにが出るわけでもありません。眼球内部に血液が入ることもなく、視力の低下の心配もありません。 出血は、1~2週間ほどで自然に吸収されることが多いのですが、強いものでは2~3ケ月ぐらいかかることがあります。しかし、いずれにしても自然に吸収されますので、ほとんどの場合心配はいりません。

hyposphagma_image-01

結膜下出血の症状

■出血の程度
結膜に存在する大小の血管が破れて、結膜の下に出血が広がります。小さな点状のものから、斑状、時に眼球結膜全体をおおう広範なものもあります。また、血腫をつくることもあります。

■自覚症状
自覚症状は無く、鏡を見て気が付いたり、誰かに指摘されて気が付いたりすることがほとんどです。
痛みやかゆみ、目やになどの症状もなく、目が見えにくくなったり、視野が狭くなったりすることもありません。万一、これらの症状をともなう場合は、必ず診察を受けて下さい。

■症状の経過
通常1~2週間で自然に吸収され、きれいな白目に戻りますが、なかには2~3ケ月かかるものもあります。時間はかかりますが、出血は吸収されますので心配はいりません。ただし、眼外傷などの後、長引くようでしたらすぐに診察を受けてください。

出血と充血のちがい

出血は血管が破れて血液が出たもので、白眼が血液でべったりと真っ赤に染まり、血管の走行がみえません。一方、充血は細い血管が拡張した状態をいい、血管が浮き出て眼が血走って見えます。血管収縮剤を使うと充血の場合は赤みが少なくなります。

結膜下出血の原因と治療

結膜下出血の原因はいろいろとあり、

1.眼の外傷、炎症
2.全身性疾患
3.原因不明のもの

の3つに分けられます。いずれの原因の場合でも、軽度であれば10日前後で自然吸収され白目にもどるため、治療の必要はありません。ただし、眼に傷が付いた場合、白血病や糖尿病などの全身疾患がある場合は治療が必要です。また、出血が止まっても赤目が広範囲に残り、それが長引いている場合は、吸収促進のために血栓溶解剤などを結膜下注射することがあります。

1.眼の外傷、炎症
◇眼の外傷
眼をぶつけるなど、外部からの衝撃を受けた場合、結膜下出血が起こる場合があります。特に転倒した場合など、眼内に孔が空いていることもあるので、すぐに診察を受けましょう。
◇結膜炎によるもの
花粉症などのアレルギー症状による痛みやかゆみで激しくこすったりすると、結膜下出血が起こる場合があります。急性出血性結膜炎、流行性角結膜炎の場合は、感染性の結膜炎なので、うつさないようにすぐに診察を受けましょう。
◇ドライアイ
眼が乾いて、外部から細菌が侵入しやすい状態で結膜下出血が起きる場合があります。

2.全身性疾患
◇動脈硬化、高血圧、糖尿病、出血性素因(貧血、白血病、紫斑病など)、腎炎が原因でおこる場合があります。
繰り返し結膜下出血がおこる人は上記の病気の疑いがあります。内科にご相談ください。   上記のような疾患が原因の場合、結膜下出血がおきた後に眼底出血があらわれることがあります。その場合、失明することもありますので注意が必要です。
◇急性熱性疾患にともなっておこります。
マラリア、猩紅熱、ジフテリア、コレラ、発疹チフス、インフルエンザ、麻疹などでも結膜下出血がみられます。病気の治療を最優先して下さい。

3.原因不明のもの
◇圧力によるもの
ゴーグルのしめすぎや、ダイビングで急に浮上したときなど
◇体調の変化や疲労によるもの
のみ過ぎ、寝不足、くしゃみ、せき、便秘、おう吐、月経時など 

結膜下出血の多くの場合が、原因不明のなかのどれかによるものです。