日帰り白内障手術(日帰り白内障手術とは?)|白内障手術(多焦点眼内レンズのレーザー白内障手術)大宮七里眼科(さいたま市)

文字サイズ
標準
拡大
問い合わせ
メールでのお問い合わせ
TEL:048-686-7000
診療時間
平日  8:30 ~ 12:00
14:00 ~ 17:00
土曜 8:30 ~ 11:30
休診日
木曜 土曜午後 日曜祝日

手術・治療について

日帰り白内障手術

白内障とは?

白内障とは眼の中の水晶体が濁ったり硬くなることで、視力低下などを引き起こす状態です。本来の水晶体は透明な組織で、カメラのレンズのようなはたらきをしています。白内障の原因はそのほとんどが老化によるもので、80歳ではほとんどの人が白内障となっていると言われています。老化以外の原因として、アトピー性皮膚炎、外傷、糖尿病などの疾患によるものがあげられます。

白内障の自覚症状は多岐にわたります。代表的なものは視力低下とまぶしさです。ただし視力検査で視力が低下していても、必ずしも自覚的に見にくい症状がでるわけではありません。むしろ気づかないうちに視力が低下していることはまれではないので、ある程度の年齢になったら眼科を受診することをお勧めします。

白内障_1-1

白内障_1-2

白内障の原因

白内障はさまざまな原因で起こりますが、最も多いのは加齢によるものであり、これを「加齢性白内障」と呼んでいます。加齢性白内障の進行は個人差がありますが、誰でも年齢を重ねるにつれて水晶体は濁ってきます。加齢性白内障は一種の老化現象ですから、高年齢の人ほど多く発症します。

加齢以外の白内障の原因としてアトピー性皮膚炎や糖尿病があげられます。これらの白内障は加齢性白内障にくらべて若年で発症します。その他、生まれつき白内障を発症しているケース(母親の体内で風疹に感染するなどが原因)や、眼のけがやぶどう膜炎などの病気から白内障をきたすことがあります。

日帰り白内障手術_1-3

白内障の症状

白内障は眼の中の水晶体が濁ったり硬くなることにより、視力が低下する疾患です。水晶体の濁り方は個人差があるため、症状はさまざまです。代表的な症状は眼のかすみやまぶしさですが、視力が低下していても必ずしもかすむ症状を自覚するとはかぎりません。白内障が進行して著しい視力低下があっても、自覚症状がないために、眼科を最初に受診したときにすでにかなり進行した白内障となっていることは稀ではありません。ある程度の年齢になったら白内障検査を眼科で受けることをおすすめします。

白内障の治療と手術

点眼薬や内服薬で進行した白内障を治す方法はありません。いちど進行してしまった白内障を治す方法は白内障手術だけです。見え方に不安を感じたり、明るいところでまぶしさを自覚するようであれば、医師と相談しましょう。

日帰り白内障手術_1-4

日帰り白内障手術について

現在はほとんどの白内障手術は日帰りで行われています。基本的に白内障手術で入院する必要はありません。

白内障手術には基本的に国民健康保険などの公的保険が使えますが、大宮七里眼科では保険外診療となる白内障手術の提供に力を注いでいます。保険外診療となる白内障手術では、手術後に眼鏡を使用しなくても生活できる可能性の高い多焦点眼内レンズを使用します。また、保険外診療の白内障手術では世界最先端の白内障手術方法であるレーザー白内障手術を行います。大宮七里眼科では保険診療と保険外診療の白内障手術のなかから、患者さんご自身が選ぶことができます。レーザー白内障手術は大宮七里眼科が2012年6月に日本で最初に成功し、現在までに500症例以上に行いました。多焦点眼内レンズは800症例以上に行いました。レーザー白内障手術も多焦点眼内レンズも扱っている病院はごくごく限られています。
他の施設で白内障手術を勧められている方で眼鏡使用から解放されたい希望のある方、最先端の方法で白内障手術を受けたい希望のあるかたはぜひ大宮七里眼科にご相談ください。