院内紹介(1階)|白内障手術(多焦点眼内レンズのレーザー白内障手術)大宮七里眼科(さいたま市)

文字サイズ
標準
拡大
問い合わせ
メールでのお問い合わせ
TEL:048-686-7000
診療時間
平日  8:30 ~ 12:00
14:00 ~ 17:00
土曜 8:30 ~ 11:30
休診日
木曜 土曜午後 日曜祝日

院内紹介

  • TOP
  • 院内紹介(1階)

院内紹介

大宮七里眼科では、建物や患者さんの待合スペース、多目的ホールやトイレなど、細部までこだわった設計を行いました。
患者さんがすごしやすい空間と、最先端のサービスを提供を目指しています。

受付カウンターと待合室

受付カウンターはクリニックとは思えないデザインになっています。

カウンターの背後に同色の木目調の仕切りをつけ、仕切りには等間隔に3カ所、間接照明をあしらいました。前面中央には上下に照らす間接照明を、上面には淡いグリーンの透明アクリル板を配置しました。

床はエントランスも、受付前の待合室もすべて人工大理石で合わせました。床の上には座り心地のいいダイニング用の椅子が並べられています。

カウンターの長さは4m以上あるので、同時に複数の患者さんの受付や会計ができます。

大宮七里眼科の入り口は、正面玄関と駐車場口の二つですが、どちらから入っても同じ受付カウンターにアクセスできます。

事務室はガラス張りですので、もし駐車場口から入って来た患者さんが迷っていたら、事務室にいる当院スタッフがガラス越しに見つけてお手伝いすることができるようになっています。デザインだけを考えるのではなく、目や足の不自由な患者さんに配慮した工夫を多数凝らしているのです。

検査機器 OCTとIOLマスター

大宮七里眼科では最新の検査機器、および白内障手術器械を取り揃えています。
オートレフケラトメーター、非接触眼圧計などの眼科に必須のものはもちろんのこと、光干渉断層撮影装置(OCT)や非接触眼軸長測定装置(IOLマスター)など大学病院レベルのものまで完備しました。
OCTはこれまでの眼科光学検査機器では不可能とされた生体下における網膜の断層を非接触、非侵襲的に捉え10ミクロン以下の高解像度で抽出することにより、黄斑部疾患や緑内障を含む各種網膜疾患の検出、早期発見、経過観察及び定量的評価を客観的に行うことができます。
IOLマスターは非接触眼軸長測定、角膜屈折力検査、前房深度測定からIOL度数を算出する装置です。
白内障手術のために、最大の機能を提供し、IOL挿入後のさらに高いライフクオリティーを生み出す新技術です。

施設案内を動画で見る