多焦点眼内レンズ(多焦点眼内レンズとは?)|白内障手術(多焦点眼内レンズのレーザー白内障手術)大宮七里眼科(さいたま市)

文字サイズ
標準
拡大
問い合わせ
メールでのお問い合わせ
TEL:048-686-7000
診療時間
平日  8:30 ~ 12:00
14:00 ~ 17:00
土曜 8:30 ~ 11:30
休診日
木曜 土曜午後 日曜祝日

手術・治療について

多焦点眼内レンズ

大宮七里眼科院長は両親の白内障手術を執刀

大宮七里眼科院長は両親の白内障手術を自ら執刀しました。
大宮七里眼科院長の両親の白内障手術には、二人とも両眼とも多焦点眼内レンズを使用しました。

手術を行っている眼科医でも、自身の肉親の手術は(緊張することもあって)他の眼科医に委託することが多いと言います。両親の手術を両眼とも行った眼科医はほぼ皆無です。

大宮七里眼科では積極的に多焦点眼内レンズを患者さんにおすすめしています。実際に大宮七里眼科の山崎院長は自らの両親の白内障手術にすべて多焦点眼内レンズ使用しました。

逆に「本当に多焦点眼内レンズはいいものなのか?」という質問をよくお受けしますが、大宮七里眼科では院長の両親に多焦点眼内レンズを使用した実体験をもとに、多焦点眼内レンズの単焦点眼内レンズに対しての優位性をお話ししています。

大宮七里眼科では院長が自分の両親に行ったのと全く同じ方法、同じ手術機器、同じ技術、同じ手術室で患者さんに手術を行っています。それが現在の白内障手術の最高レベルの方法だからです。

大宮七里眼科の多焦点眼内レンズの実績について

大宮七里眼科の最大の特徴は、世界で最先端の白内障手術方法を取り入れ、積極的に行っていることです。

大宮七里眼科では2012年6月に日本で最初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功し、その後500症例以上のレーザー白内障手術を行いました。多焦点眼内レンズによる白内障手術については、800件以上の症例数を持ちます。レーザー白内障手術も多焦点眼内レンズも、国内最多レベルの症例数です。

多焦点眼内レンズについて重要なポイントは、多焦点眼内レンズはただ単にメガネが要らなくなるレンズではないということです。

多焦点眼内レンズ_2-

多焦点眼内レンズは常に複数の距離の情報を得ることにより、質の高い視覚情報をより多く得ることができます。
人間は常にまわりからの情報を得ることで生活しています。その情報は視覚や聴覚、味覚、触覚などの感覚を、目や耳などの感覚器官で得ています。人間の得る情報のうち、視覚情報は80%以上と言われています。しかし単焦点眼内レンズではピントの合っていない距離が多いため、十分な視覚情報を得ることができません。
多焦点眼内レンズはより多くの距離にピントの合っているため、たくさんの視覚情報を同時に得ることが出来ます。それによって多焦点眼内レンズはより豊かで便利な日常生活をすることができます。

大宮七里眼科は国内最多レベルである800例以上の多焦点眼内レンズによる白内障手術を行いました。その実績から大宮七里眼科院長は眼科医むけの多焦点眼内レンズ講習会や眼科医療機器メーカーや製薬会社などで多数の多焦点眼内レンズに関する講演を行いました。

大宮七里眼科院長は各眼科学会や講演会で多焦点眼内レンズの特徴、データ、患者への使い分けに関しての発表を行っています。

大宮七里眼科・山崎健一朗院長は多焦点眼内レンズの研究も行っています。その研究結果を日本眼科学会総会や日本臨床眼科学会、日本白内障屈折矯正学会などで学会発表をしました。さらに大宮七里眼科院長は2014年の世界眼科学会に招待され、フェムトセカンドレーザー白内障手術についてシンポジウムで招待講演を行いました。

限られた多焦点眼内レンズの取り扱い施設

多焦点眼内レンズを使用した白内障を行っている施設はごく限られています。大宮七里眼科では白内障手術の際に保険適応である単焦点眼内レンズか、プレミアム眼内レンズである多焦点眼内レンズかが選択できます。レーザー白内障手術か、従来の人間の手による手術かも選択できます。

大宮七里眼科では800例以上にもおよぶ日本国内の眼科施設としては最多レベルの多焦点眼内レンズ使用経験があります。そして多焦点眼内レンズに関するデータに精通しています。大宮七里眼科ではそのデータを解析し、エビデンス(医学的証拠)に基づき、医師から直接患者さんおひとりおひとりに多焦点眼内レンズと単焦点眼内レンズの違い、大宮七里眼科が日本で最初に成功し、500例以上もの症例数を持つレーザー白内障手術と従来の人の手による手術の違いについて丁寧にご説明しています。

多焦点眼内レンズ2_5

その説明を聞いていただいた後に、患者さんに多焦点眼内レンズか単焦点眼内レンズか、レーザー白内障手術か従来の人の手による手術かを選んでいただいています。

大宮七里眼科では乱視も軽減することのできる多焦点眼内レンズについても多数の使用経験を持ちます。さらに多焦点眼内レンズの手術後にレーシックによって乱視を軽減する手術も多数行ってきました。大宮七里眼科では乱視の強い患者さんでも術後に高い確率でメガネを使用することのない生活ができるようにすることができます。

大宮七里眼科で多焦点眼内レンズでの手術を受けた方へのアンケートにて、ほぼ全員の方が「多焦点眼内レンズを選んでよかった」と答えています。

多焦点眼内レンズを扱っている眼科はごく限られています。白内障手術を検討していて、より日常生活で眼鏡使用から解放されたい希望のある方や、より質の高い白内障手術をご希望の方はご相談ください。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズ

■単焦点眼内レンズについて

保健適応となる単焦点眼内レンズでは基本的に遠方に焦点を合わせた場合、手元には焦点が合いません。
したがって手元の文字をみるたびに眼鏡使用が必要となります。下の写真は単焦点眼内レンズの見え方の例です。遠くの野菜はよく見えていますが手元のメモはややかすんでいます。


■多焦点眼内レンズについて

多焦点眼内レンズは遠方にも近方にも焦点があるため、老眼鏡なしに新聞が読めるようになる画期的な眼内レンズです。下の写真は多焦点眼内レンズの見え方の例です。遠くの野菜も手元もメモもよく見えています。
手元と遠くが同時に見えることにより、いちいち老眼鏡をとりださなくても手元の文字を見ることができます。

多焦点眼内レンズ2_4

多焦点眼内レンズのメリットはただ単にメガネがいらなくなることではありません。大宮七里眼科の山崎院長が眼科医向けの講習会でお話ししているのは、多焦点眼内レンズの最大のメリットは、「単焦点眼内レンズでは得られない便利さを得ることができ、より質の高い日常生活をすごすことができる」ことです。単焦点眼内レンズでもメガネをかければ手元は見えますが、そのままでは遠くが見えないために結局はメガネをいちいち使用せずに見えないままでいる人が大半です。若い頃には見えていた手元の文字という有用な情報を得ることをあきらめてしまうことです。しかし多焦点眼内レンズでは常にさまざまな距離の情報を得られるために、有用な情報も切り捨てずに得ることができます。

老眼になると誰もが手元や遠くの情報を同時に得ることができなくなります。しかしそれは人間が得る情報のなかでもっとも大きなパーセンテージを占める視覚情報の量や効率が下がることなのです。多焦点眼内レンズでの白内障手術は、視覚情報の質と効率を上げるための最も有効な方法と言えます。

欧米では多焦点眼内レンズは「プレミアム眼内レンズ」と呼ばれています。大宮七里眼科では多焦点眼内レンズはより多くの視覚情報を得るための「プレミアム=付加価値」のあるものと考えています。

不幸にも若年者が白内障になった場合、単焦点眼内レンズの場合には手術前に眼鏡なしで見えていた手元が「老眼鏡」なしに読めなくなってしまうことがあります。病気を治す手術をすることにより、老眼年齢でもないのに老眼鏡が必要になってしまうのです。しかし多焦点眼内レンズでは若年者でも白内障手術前のような近方視力を得ることができます。大宮七里眼科では30歳代にして白内障になってしまったたくさんの方々に多焦点眼内レンズを使用し、患者さんたちは大変高い満足度を得ています。

厚生労働省の先進医療施設の認定を受けています

大宮七里眼科では、多焦点眼内レンズを使用した白内障手術を多数行っており、2010年1月には厚生労働省の先進医療施設の認定を受けました。

厚生労働省から先進医療施設の認定を受けるには、施設の有効性、安全性を確保する観点から設定された基準を満たす必要があります。
大宮七里眼科はそれらをすべて満たしている医院になります。

多焦点眼内レンズ2_6

先進医療施設の利点はおもに以下の2つです。

1 先進医療施設の認定を受けた施設に限り、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を受ける場合、手術に関連した費用の一部が保険診療となります。

2 生命保険の先進医療特約に加入している場合、保険会社から治療費が支給されます。