ICL(アイシーエル)(ICL(アイシーエル)とは?)|白内障手術(多焦点眼内レンズのレーザー白内障手術)大宮七里眼科(さいたま市)

文字サイズ
標準
拡大
問い合わせ
メールでのお問い合わせ
TEL:048-686-7000
診療時間
平日  8:30 ~ 12:00
14:00 ~ 17:00
土曜 8:30 ~ 11:30
休診日
木曜 土曜午後 日曜祝日

手術・治療について

ICL(アイシーエル)

近視を治す手術

近視を治す方法のひとつとして眼内レンズを挿入する手術があります。

強い近視のひとに挿入することで近視を矯正する有水晶体眼内レンズ(商品名:ICL)がこのたび厚生労働省で認可されました。有水晶体眼内レンズの手術は日本ではまだ認可されたばかりで普及していませんが、世界的にはたくさん行われています。

ICL2_5

大宮七里眼科では積極的にこの有水晶体眼内レンズによる近視矯正手術を行っていきます。通常の白内障手術よりさらに精度の高さが要求される多焦点眼内レンズを扱っている施設なので、このような先進的な治療が可能となります。

有水晶体眼内レンズによる手術は日帰りです。
麻酔は点眼麻酔だけです。
注射などはありません。
保険外診療となります。

とくに近視が強い症例に対しては、レーシックに比べて術後の見え方がよい(専門的には術後惹起収差が少ない)との報告があります。

レーシックが不可能な近視が強い症例や角膜が薄い症例に対しても有水晶体眼内レンズによる手術は可能です。近視が強いがコンタクトレンズやメガネから解放されたい、あるいは近視が強すぎる、角膜が薄いなどの理由で他院でレーシックを断られたなど、近視でお悩みの方はぜひ大宮七里眼科でご相談ください。

大宮七里眼科はICL(アイシーエル)認定クリニックです。

ICLは、厚生労働省に承認されています。高度な医療技術が要求されるICLは、メーカーにより技術認定を受けた医師だけが手術を認められています。
当院はICL認定ドクターが在籍している病院として、STAAR社より認定されています。

ICL_2-1

ICLの安全性

ICLは、小さなレンズを眼の中に埋植(インプラント)して近視や乱視を矯正し、裸眼視力を回復させる新しい視力矯正手術です。レンズを黒目(虹彩)の裏側の後房と呼ばれる位置に固定するので「有水晶体後房レンズ」、「フェイキックIOL(Phakic IOL)」(phakicは水晶体の英語名)、あるいは「有水晶体眼内レンズ」ともいいます。

ICLのレンズは、 コンタクトレンズに使用されるHEMA(水酸化エチルメタクリレート: hydroxyethyl methacrylate)とコラーゲンの重合によって作られた「コラマー(Collamer)」と呼ばれる独自の素材でできています。コラマーは生体適合性が高く、眼の中にいれても異物として認識されにくい大変優れた素材です。特別なメンテナンスをする必要もなく、眼の中で長期間にわたって透明な状態を維持し、長くレンズとしての機能を果たします。

ICL04_03

レンズの埋植には、インジェクターと呼ぶ挿入器を使用します。レンズは小さく折りたたまれた状態でインジェクターから眼内に射出されます。埋植のための切開創は約3ミリと小さく、眼にかかる負担が少ないため、日帰り手術を可能にしています。

ICLの特徴は、適応範囲が広くレーシックでは適応外となる強度近視の方や角膜が薄い方にも適応が可能なこと、視力矯正の精度が高くハードコンタクトレンズと比べても見え方に遜色がなく手術後の満足度が高いことなどがあげられます。またいったん埋植したレンズは、取り出して元の状態に戻すことも可能です。これはレーシックのように角膜を削る視力矯正手術とは大きな違いといえるでしょう。

ICLは、海外においては20年以上の歴史があり、現在ではヨーロッパ諸国、アメリカ、韓国、中国など世界各国で薬事承認されており、全世界で37万枚の手術実績があります(2012年12月時点)。

日本でも国内治験の結果からICLの有効性と安全性が認められ、高度管理医療機器「有水晶体後房レンズ」として、2010年には近視矯正用レンズが、2011年には乱視矯正も行えるトーリックレンズが厚生労働省から承認を受けています。

ICLで使用されるレンズ

大宮七里眼科で使用しているレンズは、最先端技術を用いた最新のレンズです。
患者さんの安全に考慮したレンズとなっており、安心してご利用してもらえます。

ICL04_02

37万眼以上の使用実績があり、他社製品を圧倒する症例実績を誇り、2011年末時点での市場シェア(ユニットベース)は世界全体では74%、国内シェアは少し古い数字になりますが55%(2010年実績、日本白内障屈折矯正手術学会調べ)となっています。

また国内で唯一の厚生労働省承認品となっており、安全性も非常に高いものとなっております。

レーシック手術を受けられない方もカバー

角膜を削らない治療方法なので適応範囲が広く、レーシック手術などのレーザーによる手術では治療が難しいとされてきた強度近視の方、角膜が薄い方に対しても適応が可能ですので、是非ご相談ください。