レーザー白内障手術(レーザー白内障手術とは?)|白内障手術(多焦点眼内レンズのレーザー白内障手術)大宮七里眼科(さいたま市)

文字サイズ
標準
拡大
問い合わせ
メールでのお問い合わせ
TEL:048-686-7000
診療時間
平日  8:30 ~ 12:00
14:00 ~ 17:00
土曜 8:30 ~ 11:30
休診日
木曜 土曜午後 日曜祝日

手術・治療について

レーザー白内障手術

大宮七里眼科は日本初のレーザー白内障手術に成功しました

2012年6月に当院の山崎健一朗院長が日本国内で初めてのレーザー白内障手術に成功しました。

フェムトセカンドレーザー導入の手術は、白内障手術技術としてここ20年で最も革新的な進歩です。今後次第に普及していきますが、まだ日本ではごく限られた施設でしか行われていません。

大宮七里眼科ではAlcon社のレーザー白内障手術機器、アルコン社のLenSx(レンズエックス)を用いています。

レーザー白内障1_3_2

LenSx(レンズエックス)について

当院が採用するレーザー白内障手術機器、アルコン社のLenSx(レンズエックス)は 世界で最先端のレーザー白内障手術機器です。

LenSx(レンズエックス)は、白内障手術を行う際に重要で難度の高い手技である水晶体前嚢切開、水晶体核破砕、角膜切開を超高性能なレーザーであるフェムトセカンドレーザーによって短時間かつ数ミクロンの誤差もなしに行うことのできる最先端の白内障手術機器です。

LenSx(レンズエックス)はOCT (Optical Coherence Tomography)という赤外線を用いて眼の構造を詳細に分析する機器を備えており、リアルタイムで眼の中を分析します。

メスを使わない最先端技術のレーザー白内障手術

レーザー白内障手術では、レーザー機器で水晶体前嚢切開、水晶体核破砕、角膜切開の3つの課程を行い、その後従来通りの手法で水晶体を超音波乳化吸引し、眼内レンズを挿入します。

レーザー白内障1_3

(3つのメリット)
1. 眼内レンズを挿入する前の課程をレーザーが行うので、眼内レンズを正確に挿入することが可能です。結果的に従来の手法よりも正確に手術を行うことができます。

2. 角膜の切開を術者の思い通りに設定することができ、しかも精密に切開できるので、手術による創口の閉鎖が従来の手術よりも向上しています。

3. 角膜を切る際に乱視を治す切開を行うことができるので、乱視を矯正することができます。

日本人医師で初のレーザー白内障手術技術修了証

大宮七里眼科では山崎健一朗院長が2012年6月に日本国内初となるレーザー白内障手術に成功し、2013年9月までに180件以上のレーザー白内障手術を行いました。

フェムトセカンドレーザー導入の手術は、白内障手術技術としてここ20年で最も革新的な進歩です。今後次第に普及していきますが、まだ日本ではごく限られた施設でしか行われていません。大宮七里眼科ではAlcon社のレーザー白内障手術機器、LenSx(レンズエックス)を用いています。

_レーザー白内障_1-3

また2012年8月、山崎院長に日本人医師として初めて、アルコン社のLenSx(レンズエックス)レーザー白内障手術技術修了証が送られました。 これはレーザー白内障手術機器LenSx(レンズエックス)によるレーザー白内障手術を規定の症例数行ったと認定した眼科医にのみ送られるものです。