ドライアイ(ドライアイとは?)|白内障手術(多焦点眼内レンズのレーザー白内障手術)大宮七里眼科(さいたま市)

文字サイズ
標準
拡大
問い合わせ
メールでのお問い合わせ
TEL:048-686-7000
診療時間
平日  8:30 ~ 12:00
14:00 ~ 17:00
土曜 8:30 ~ 11:30
休診日
木曜 土曜午後 日曜祝日

手術・治療について

ドライアイ

ドライアイとは?

眼が乾くために、不快な症状が現れるドライアイ

ドライアイとは、眼を保護する涙液が不足し、眼の表面が乾いてしまう病気です。眼が乾くと、酸素や栄養分が角膜に十分にいきわたらない、異物が洗い流せない、殺菌作用の低下などの障害がおこり、眼の表面が傷つきやすくなります。重症になると、眼の表面に無数の傷が付いてしまう場合もあります。

ドライアイは、800万人の方が悩まされていると言われていますが、病気としての認識が低いです。医師の指示に従い、日常生活に気を使えば、快適な毎日を過ごせるはずです。

(ドライアイの主症状)
・眼が疲れやすい
・何となく眼に不快感がある
・眼が乾いた感じがする
・眼が重い感じがする

ドライアイ01

ドライアイの原因は?

ドライアイのメカニズム

ドライアイとは、眼を保護する涙液が不足し、眼の表面が乾いている状態のことをいいます。涙はまばたきによって網目状の薄い膜となり(写真1)、いつも眼の表面を覆って乾燥やゴミ、細菌などから眼を守っています。しかしドライアイになると涙液が正常ではなくなるために眼の表面を十分に保護できなくなり、眼が乾くのです。

dry_image-02

涙が減る病気や薬の影響、または年齢や環境もドライアイの原因になります

~ドライアイの主な原因~

・涙の質・量が低下(涙液が正常ではない状態)
高齢…加齢とともに涙の分泌量は減少していきます。
夜型の生活…夜は昼間より涙の分泌量が減ります。
ストレス…過剰なストレスによって涙の量と質が低下します。
病気・薬の影響…ある種の降圧剤や精神安定剤などによる副作用で、涙の分泌が抑制されることがあります。

・まばたきの減少
パソコンや携帯電話など、ディスプレイを凝視するとまばたきの回数が減り、涙の分泌が抑制されます。
眼を酷使する作業(運転、細かい作業、読書など)も同様です。

・空気の乾燥
オフィスやエアコンの効いた部屋では湿度が下がりやすく、空気が乾燥すると涙も蒸発しやすくなります。

・その他
コンタクトレンズ、アレルギー性結膜炎、大気汚染、紫外線など

日常でのドライアイ対策

家庭では

編み物や針仕事をするときは、意識してまばたきをするようにしましょう。暖房器具を使うときは加湿器も一緒に使用しましょう。

職場では

パソコンを使う時はまばたきが激減するので適度に休憩を取りましょう。加湿器を置き、湿度を上げて乾燥を防ぎましょう。


ドライブでは

エアコンや外からの風が直接目に当たらないようにしましょう。また運転中は緊張が高まり、まばたきが減るので、適度に休憩を取りましょう。

飛行機では

機内は湿度が大幅に低下することがあるので目薬を忘れずに準備しましょう。また、コンタクトレンズの方はメガネに変えた方が無難です。


洗顔・洗髪のとき

洗剤が目に入らないように十分注意してください。


タバコの煙

タバコの煙もドライアイの大敵です。まわりの人が吸っている場合は、自分の目に当たらないように煙を避けましょう。

ドライアイ03

ドライアイになったら

対策1 生活習慣の改善
普段の生活に少し気をつければ眼の乾きを軽くすることができます。

 ・パソコンを使った作業は適度な休憩が必要です。リラックスを心掛け、眼が疲れたら休ませましょう。  ・まぶたが目を覆う部分を増やすため、目線を下に持っていきましょう。ディスプレイやテレビの画面は、眼の位置より低い場所に置きます。  ・眼が疲れない環境を作りましょう。机は直射日光を避け、パソコンなどの画面は照明で反射しない場所に置くようにしましょう。
 ・部屋の湿度を保ちましょう。特に冷暖房の効いている部屋は湿度が下がっているため、加湿器や濡れタオルを干すなどで湿度を上げましょう。

対策2 眼薬
自分で判断せずに、まずは診察を受けることをおすすめします。

・涙液改善作用のある点眼薬を処方してもらい、使用しましょう。
 通常「人口涙液」といって、涙の代わりとなる点眼薬を使用することが一般的です。
 眼に傷が付いている場合はヒアルロン酸という保湿効果の高い成分が入った点眼薬で眼の表面を保護し、傷を治します。